バイナリーオプション海外・日本業者比較ナビ

更新

オプテック 取引方法の種類

オプテック 取引方法の種類

 

オプテック(Opteck)で取引できる取引方法の種類について、説明していきたいと思います。

 

○ハイ/ロー取引(UP&DOWN)
ハイロー取引は、バイナリーオプションで最も基本的な取引方法となります。
判定時刻の時点で、購入時点の価格より、上がるか/下がるか、
を予想する取引です。
上がると予想した場合はUP(アップ)を選択、
下がると予想した場合はDOWN(ダウン)を選択します。
途中経過で上がっても下がっても関係なく、
あくまでも終了時点でのレートの高低で勝敗が決まります。

 

 

○ワンタッチ取引
ワンタッチ取引は購入時点〜取引終了までに、
あらかじめ設定された目標価格(およそ30pip上)に一度でも到達すれば勝ち、
となる取引です。

 

目標価格には上、下の2パターンがあります。
レートが上昇して目標価格に到達すると予想した場合はUP(アップ)を選択、
下落して目標価格に到達すると予想した場合はDOWN(ダウン)を選択します。

 

ワンタッチに向いているのは、上下に激しく値動きをしている相場です。
タイミングよく購入をクリックできれば、バイナリーオプション取引で
最も短時間で勝負が決まることもあります。

 

登場以来、トレーダーに人気の高い取引となっております。

 

○レンジハイロー取引
オプテックのレンジハイロー取引は、通常のレンジ取引の
派生バージョンといってもよいでしょう。

 

通常のレンジ取引は、取引終了時点で、上下に設定された
目標価格の範囲内にとどまっているか/いないかを
判定する取引になりますが、オプテックの場合、ハイ/ローという
2段のエリアを設定しております。

 

アップオプション(特定範囲内での上昇を予想)では、終了時点の価格が
開始価格よりも高く、上限ラインよりも下に収まっていなければなりません。

 

逆に、ダウンオプションでは(特定範囲内での下落を予想)では、終了時点の
価格が開始価格よりも低く、下限ラインよりも上に収まっていなければなりません。

 

つまり、基本的にはハイローを予想するのですが、それと同時に終了時点のレートが
どの辺まで伸びてくるか、どの程度にとどまるかも予想しなければなりません。
難易度は少し高めといえるでしょう。

 

○クイックオプション
クイックオプションとは、取引終了時間をトレーダー自身が設定する取引です。
トレーダー自身が1時間、30分、10分、5分、60秒、30秒と取引時間を
自由に調整することができます。

 

海外業者ではいまや当たり前の60セカンズ、短期取引2分、5分、などが
オプテックの場合、これにあたります。

 

しかも、オプテックではなんと、30セカンズも開始となりました!
バイナリーオプションでは従来、最短の取引である60セカンズの半分です!

 

最近でこそ、30秒取引を取り扱う業者も出てくるようにはなりましたが、
30セカンズの本家本元はこのオプテック、とぜひ覚えておいてくださいね。

 

※なお60秒、30秒の短期取引に関しましては、取引可能な銘柄は
ハイ/ロー取引に比べてまだ少ないものの、徐々に増やす予定だそうです。
今後期待していきましょう。

 

以上、参考にしていただければ幸いです。

 

また只今、期間限定でスペシャルなMT4マニュアルセットを無料配布中です。
更に、今なら初回入金でボーナスも一緒に用意しております。

 

オプテックバナー

 

スペシャル特典の詳しい案内はコチラ▼
トレードラッシュスペシャルボーナス

 

 


TOP バイナリー業者一覧 LINE情報 メルマガ 問い合わせ リンク集