バイナリーオプション海外・日本業者比較ナビ

更新

バイナリーオプションの海外業者と国内業者の違いついて

 

バイナリーオプションの業者選択は、主に海外業者と国内業者に分けることが出来ます。実に雑な分けかたと思われるかもしれませんが、この2つには大きな隔たりといえる違いがあるのです。

 

まず海外のバイナリーオプション業者の特徴を国内業者と比較しますと、国内業者よりも短期で決済できる、国内業者よりも取引銘柄が多い、取引ルールの違う注文方法が国内よりも多い、といった点が挙げられます。バイナリーオプションの取引にのみ注目しますと、海外業者の方が取引を行ないやすい印象があります。

 

しかし海外業者には、日本の業者ではまずありえないようなデメリットも存在しています。
主な海外業者のデメリットですが、入出金方法に制限がある、税金の処理が面倒になる可能性が高い、トラブル時の対応に時間が掛かることがある、といったものです。

 

特に何度も利用することになる入出金ですが、まず入金はクレジットカードが無いと受け付けてくれない業者も多いですし入出金時には両替手数料などが含まれますので、日本の業者でバイナリーオプションを行なった場合よりも多く稼がないと割りに合わないという意見もあります。

 

ただし、最近では日本のバイナリーオプションでは規制が間近といわれています。その規制の抜け穴として海外業者での取引が注目されています。

 

この話を聞きまして、「海外業者に口座を作ろう!」と思われた方は少しだけ待ってください。上手い話には裏はつきものです。第一に考えられることなのですが、この規制に乗って海外の悪徳業者が動き出す危険があると投資アナリストは警告を出しています。

 

また過去の例を出しますと、キプロスの銀行凍結によって出金ができなくなったというバイナリーオプション業者も存在していたようです。

 

海外業者は日本の業者のような信託保全というシステムが適応されていない場合も多く、上記のようなトラブルに巻き込まれますと資産を持ち逃げされるリスクもあるということをお忘れにならないで下さい。

 

日本の業者に設けられそうな規制についてですが、これは考えようによっては、投資リスクの軽減や業者のクリーン化などといったメリットも考えられます。より安全な投資という意味では、バイナリーオプションは日本の業者の方が優れているのかもしれません。

 

まとめますと、「海外業者は稼ぐチャンスが多い反面、高い手数料やトラブルなどのリスクも念頭に入れなければならない」といったところです。

 

海外業者と国内業者は特徴が違いますので、よく考えて業者を選ぶようにしましょう。

 

TOP バイナリー業者一覧 LINE情報 メルマガ 問い合わせ リンク集