バイナリーオプション海外・日本業者比較ナビ

更新

バイナリーオプションの税金・確定申告について

 

投資の脱税のニュースはしばしば話題になる事がありますね。特に投資というのは金額が大きくなりやすいので社会的に大きな問題になってしまうのでしょう。

 

しかし会社勤めの方などは、投資は確定申告を自分で行なわなくてはならないという事もありまして、ついつい忘れて後で大きな問題になってしまうという事が報道されない小さなレベルの金額でよくあるようですので、投資の確定申告は忘れず行なうようにしましょう。

 

さて、最近バイナリーオプションという新種の投資が広まっているとのことですが、この投資は確定申告などの税金の申請にどう影響するのか説明したいと思います。

 

まず基本なのですが、投資で儲けたお金というものは20万円以上は確定申告の対象となります。副業で投資を行なっているという人は、この金額に届かないという場合もありますのでその時は納税の必要はないのですが、後々大きく稼いだ場合ですと説明を税務署にしなくてはならない事もありますので、投資の収入が20万円未満だった方も確定申告は行なっておくべきですね。

 

投資の稼ぎがほんの少しだけ20万円を超えていたという方は、その年のパソコンなどの領収書などを保管しておけば必要経費とみなされてその分は免除になる可能性がありますので、節税対策として確定申告前にパソコンを買い換えるという人もいらっしゃいます。

 

さて、バイナリーオプションの場合でも、この確定申告のルールが適応されます。収益が20万円を超えた方は必ず確定申告を行ないましょう。

 

ただし注意をしなくてはいけない点もあります。投資の確定申告ですが、この20万円は合計金額という点です。

 

勘違いをしてしまったという例を挙げますと、株式投資で15万円、FXで18万円、バイナリーオプションで12万稼いだ場合は、合計45万円となりますので確定申告は必要ですし納税する必要が出てきます。この例の場合ですと、それぞれの投資で収益が20万円を超えていないので勘違いをしてしまったということです。

 

この様なトラブルを避ける為には、収益が20万円未満の方でも念のためという意味でも確定申告を受ければ安全です。

 

納税局でなら係員から説明を受けながら必要書類の説明をしてくれますので、確定申告を一度もおこなった事が無いという方は、面倒かもしれませんが今後のためになるかと思います。

 

以上がバイナリーオプションの確定申告と税金の簡単な説明となります。納税分の残金を考えず全部の収益を使って後で困るという場合も考えられますので、バイナリーオプションの収益金は計画的に管理しましょう。

 

TOP バイナリー業者一覧 LINE情報 メルマガ 問い合わせ リンク集